2020年3月6日〜『art-factory-records』を設立いたしました。
所属アーティストは『MIYAKO』。
2009年にアラフォーでメジャーデビュー以来、美しい日本語で唄うMIYAKO。
どこまでも透き通る天女のような歌声と評され、唯一無二の存在感を放ちます。
また、ヴォイストレーナー®大本京としてもテレビ、ラジオ、メディアで活躍し、講演、セミナー、著書も多数。ヴォイストレーナーズアカデミー®(商標登録)継承者、ヴォイストレーナー®、声学家®の第一人者としても活躍しています。

株式会社art-factoryの代表取締役・笠井学がプロデュースするきものブランド「一道」「KATAGAMI STYLE」「Catwlkin’」は、2010年から(前身のヤマナカアート株式会社時代より)「KimonoでJazz」をコンセプトに、重要無形文化財の伊勢型紙を使用した創作江戸小紋のきものをMIYAKOのイメージに合わせてステージごとにデザインし、数々のコラボレーションライブを開催してまいりました。

また、全国の着物展示会、販売会や、顧客様ご参加のイベントやディナーショー、海外の檜舞台でも、演歌じゃない、ドレスのようにエレガントな「きもの姿のMIYAKO」はエレガントなアラフォー歌手のアイコンとなってまいりました。
この両者こそ、一流のアーティスト同士のコラボレーションとして、これからはまさに、世界に羽ばたこうとしています。

================================================

MIYAKO待望の新曲〜「ふたりきり/Kill My Heart」2021年8月28日リリース情報

2021年夏、MIYAKOは新曲『ふたりきり』をリリースする。
コロナ禍の今だからこそ、歌で伝えたいメッセージがある。
立ち止まり、ふり返る時間を持てたからこそ気づく、かけがえのない日常。
それは、小さな幸せの積み重ねのことかもしれない。
ただ見過ごしていた季節の移ろいの中にも、寄り添う人との喜怒哀楽にさえも愛おしさを感じる日々・・・。
「ふたりきりもいいものね」、MIYAKOは語りかける。
今、幸せはここにあると。

待望のラブソングに乗せて、再び透き通った声のMIYAKOワールドが広がります。
2019年に『MIYAKO and Papa 音楽会』にて初披露された楽曲であるが、MIYAKOの『”歌”であるからこそ伝えられる
メッセージがある』という強い想いから、今回2020年春に移籍した art-factory-records よりリリースが決定された。

カップリング曲は美しいメロディラインが際立つMIYAKO書き下ろしの『Kill My Heart』。
愛する人への揺れる想いを優美に軽やかに歌い上げている。

MIYAKOからのメッセージ・・・・・
メジャーデビューから12年・・・・・

ファンのみなさまにお目にかかれない歌えない
寂しさがこんなに長く続くことなど、全く想像も
していませんでした。
音楽家である私が今できること、今しかできない
ことを模索する中、私には歌があり、この歌声が
あり、楽しみに待ってくださる大勢ファンの方々が
いてくださる。
それは、8歳の頃から歌手になることが夢だった
小さな私が、アラフォーで夢をかなえて、そして、
迷いなくこれからもずっと一生歌手として生きて
いくと決めている私にとって、なによりの大きな 
モチベーションとなりました。リリースタイトル曲となります『ふたりきり』は
2019年6月7日『MIYAKO and Papa音楽会』で
初披露された楽曲です。
この長いStay Homeの中で気づいた日常の中の
小さな「しあわせ」や、大切な人との時間が、
「歌であるからこそ伝えられるメッセージがある」
という気持ちと改めて強くリンクしました。『Kill My Heart』は、つたないピアノでアメリカ
留学時代に作曲したメロディに、この度新たな
詞を書き下ろしました。

今回、この素敵な楽曲をご提供くださいました
神戸陽三先生、太平寺徳朗先生、デビュー以来
MIYAKOを支えてくださっているプロデューサー
蛎崎広柾先生、株式会社ドリームウィーバーの
天下井隆二社長には多大なるご尽力をいただき
本当にありがとうございました。

また、ご報告となりますが、2020年3月6日に
株式会社art-factory 笠井 学社長と立ち上げた
art-factory-records からの念願の移籍第一弾
リリースCDとなります。

心をこめて歌いました。

         2021年夏   MIYAKO

■収録局
1. ふたりきり 04:24               

   作詞:神戸陽三/作曲:太平寺徳朗/編曲:戸塚修
2. Kill My Heart 05:07                   
   作詞・作曲:MIYAKO/編曲:戸塚修
3. ふたりきり(カラオケ) 04:24
 作詞:神戸陽三/作曲:太平寺徳朗/編曲:戸塚修
4. Kili My Heart(カラオケ) 05:07
 作詞・作曲:MIYAKO/編曲:戸塚修

【発売元】 
art-factory-records
【販売元】 株式会社art-factory
【企画制作】  MIYAKO Creative House
【価 格】 1,200(税込)

【品 番】 AFR-0001
JAN    4580769530018

DAM配信】
第一興商DAM: 2021年9月30日より配信

全国歌唱可能日10月5日(一部配信しない機種あり)
リクエストNo.1111-87

【音楽配信】
各種音楽配信サービス:2021年8月28日より配信


CDご注文】
▶️Amazon

▶️art-factory-records 

 

 

MIYAKO /大本 京(おおもときょう)プロフィール

ヴォイストレーナー®/声学家®/声学研究家®
歌手
作詞・作曲家/著者/講師/日本著作権協会/日本歌手協会
ヴォイス・トレーナーズ・アカデミー®二代目として、6歳の時からヴォイストレーニング®の第一人者で父である大本 恭敬 から発声指導の英才教育を受け、プロ歌手指導1,500人以上の指導が行われていた、実家のサロンで、昭和を代表する大スターをはじめ、業界の第一線で活躍するプロ歌手、一世風靡をした人気アイドル、俳優、声優、ジャニーズから宝塚、プロ歌手志望の若者たちのレッスンを見て聴いて育つ。

中学時代から作詞・作曲、ギターをはじめ、ライブ活動をスタート。
高校時代にはYAMAHA のポプコンの東京大会に出場する。高校卒業後に、アメリカ・ボストンのEndicott Collegeへ留学。
卒業後はデザイナー、マーチャンダイザー、海外バイヤー、カウンセラーとして活躍後、ライフワークの音楽を生涯の仕事と決め、新人発掘・プロデュース、作詞作曲などを手がける。

 

【ヴォイストレーナー®として】
1996年から全国で延べ700名以上のヴォイストレーナー®育成に携わり、現在は、ヴォイス・トレーナーズ・アカデミー®本校での歌手を目指す若者への指導。この他にも、仕事で「声」を使うセミナー講師、教師、経営者、営業、秘書、CA、販売、コールセンター、インストラクターなどに「人を惹き付ける声づくりセミナー」「声の悩みから解放されるセミナー」、企業研修やセミナー、執筆活動を行っている。

【職業:歌手】
2009年 コロムビアエンタテインメントよりMIYAKO作詞作曲「逢いたくて」で、アラフォーで8歳からの夢を叶えメジャーデビュー。
2013年 スゥィートJazzテイストのアレンジで、大正から平成の名曲19曲を集めたカヴァーアルバムリリース。
2016年 2ndシングル「おろながれ」リリース。
2021年8月28日 art-factory-record移籍第一弾シングル「ふたりきり/Kill My Heart」リリース

プロ歌手「MIYAKO」として、カーネギーホール3公演、(ニューヨーク)、ハワイシアター2公演、韓国COEXホール、台湾台北など、世界の檜舞台でリサイタルも経験。全国でのディナーショーやライブのほか、年に2回、父・大本恭敬とのライブ「MIYAKO and Papa音楽会」を開催している。

【TV・ラジオ】
・テレビ朝日「今夜、誕生 音楽チャンプ」/2017〜2019年 辛口審査員としてレギュラー出演。
・Abema TV「Z-POP Dream世界7カ国 新人発掘グローバルオーディション in JAPAN 2019」審査員で、世界に通用する人材発掘を担う。
・ヒマラヤFMコンテンツでスタートアップより「ヴォイストレーニング®コンテンツ」先行配信
2017年 中国で4億人が学ぶ音声プラットーフォーム「ヒマラヤFM」の日本版スタートアップに選ばれる

 【講演・セミナー・SNS・ほか】
2017年 セミナー業界をざわつかせた「Beauty Branding〜ワンランク上の講師のためのセミナー」で、ヴォイストレーニング®と一流の女性としての心得講座を担当し、日本全国から女性経営者、講師、整体師、コンサルタント、インストラクター、フラワーアレンジメント講師、占術師、介護士など、声を使う職業の受講生が集まり、大成功に終わる。

コロナ禍でエンタテインメントの在り方が問われている今、日本発、全世界に向けた音楽配信コンテンツの展開を企画している。

 【社会貢献活動・福祉活動】
・2017年より、日本で唯一のこどものための映画祭「キネコ国際映画際」で、パフォーマンス、エンタテインメントの企画・立案及びステージング、ボランティアスタッフとして活動。
・2020年より、NPO法人チャレンジドフェスティバルで、障害者をはじめとするマイノリティ、すべての人が持っている能力や思いをエンタテインメントを通して発信していくための「チャレフェスアカデミー」で講師を務める。

【MIYAKOのディスコグラフィー】

1999年12月03日
「MIYAKO1999」30代のMIYAKOのみずみずしい感性と歌声が、胸にキュンと響く名盤

(Music parfait)

2005年04月25日
「SPIRITUAL VOICE」日連宗の声明とGOSPELのコラボレーション。東西の祈りがひとつになった

(Ebisu Records)

2012年08月22日
「星降る街角2012」昭和の大ヒット「星降る街角2012」に女性初ゲストシンガーとして参加

(日本コロムビア)

2009年10月21日
「逢いたくて/ひとり日曜日」アラフォーでメジャーデビューシングル「逢いたくて」
(コロムビアエンタテインメント)
2013年06月05日
「白い花の咲くころ」歌謡史100年の名曲を美しい日本語とスウィートJazzの
アレンジで歌うMIYAKO待望の1st.アルバム
(コロムビアマーケティング)
2016年11月23日
「おぼろながれ/かぶとむし」大和言葉に心を映す、MIYAKOワールドの完成形
(コロムビアマーケティング)

 

2021年08月28日リリース
「ふたりきり/Kill My Heart」待望のラブソングに乗せて、再び透き通った
MIYAKOワールドが広がります

art-factory-record移籍第一弾シングル
(art-factory-records)
2012年 08月25日発売
「もっと歌がうまくなる!
ヴォイストレーニング
『聴かせる歌い方のコツ58』」
(メイツ出版)
西城秀樹、岩崎宏美、ピンクレディー、中森明菜、徳永英明らを育てた業界最高峰ヴォイストレーナーズアカデミー®で学長大本恭敬とともに、プロ歌手の指導育成講座を担当する本格派トレーナーが歌唱力アップする最強の上達ポイントを教える、ヴォイトレ本のベスト版。
2019年07月30日発売  
「基礎力で差がつく
ヴォイストレーニング 
 プロが実践する『歌い方』のコツ」(メイツ出版)
業界最高峰のヴォイストレーナーズアカデミーで、
プロ歌手の発掘・指導育成を担当するほか、
テレビ番組「音楽チャンプ」の審査員としても活躍する
大本京のロングセラー教本。
          

 

PAGE TOP